食品添加物について

食品添加物の表示について

食品を製品として製造する場合に食品添加物を使用したときはそのことを表示しなければいけないのが決まりです。
ですが一定の条件を満たしている場合には、添加物が使われていることを表示しなくても良いという決まりもあります。
そのことは食品衛生法という法律によってしっかりと定められています。
ではどのような場合に表示が免除になるのかといえば、それは製造の過程で使用されている場合で、その使用が最終的に作られる製品への効果が極めて少ないような場合です。
このような場合に表示が免除されているのは、本来の用途を発揮するためには量が少ないからです。
ですがこれには例外もあり一定の場合には量が少なくてもそれを使用した場合には表示がしっかりと義務付けられています。
それは匂いや味などに影響を与えているものです。
また食品の色に影響を与えているものも例外から除外されています。
これらの目的のためのものは少量であっても、表示が義務づけられています。

Copyright(c) 食品添加物 All Rights Reserved.